◆京都曹洞宗青年会



車いすの介助法~「全国車イス駅伝競走大会」ボランティア参加に向けて

京都曹洞宗青年会は
毎年「全国車いす駅伝競走大会」のお手伝いをさせていただいております。
私たちが受け持っている仕事は
通称「レーサー」と呼ばれる競技用の車椅子の搬出入が主な任務です。
その他 大会本部で各ボランティア団体のとりまとめ役、
空港やJRの駅まで選手を迎えに行き、宿泊ホテルまで付き添い案内、
選手の競技コース下見の付き添いなどを担当しています。
すごくハードな仕事というわけではありませんが、
一つ間違うと大会がストップしてしまうこともありえますし、
ボランティアといえども大きな責任を担った仕事です。

また、車いす駅伝に先立ち、車いす介助の講習会も行っています。

車いす介助法はこちらをご参考下さい

◆ i-Ten-Labo
◆ 介護、介助サポートのための動画マニュアル
◆ ボランティアの第一歩
[PR]
by zazen-kyoto | 2008-01-21 16:06 | 青年会の活動
<< 第19回全国車いす駅伝競走大会 普通救命講習(AED) >>


坐禅会(座禅)のご案内 in 京都
カテゴリ
ライフログ
リンク
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧