◆京都曹洞宗青年会



カテゴリ:東日本大震災支援活動( 13 )


東日本大震災 行茶活動3/12~13慰霊法要3/11

2013年3月12~13日、
会員2名で福島県相馬郡新地町 小川公園仮設住宅にて、
全曹青主催の行茶活動に参加してきました。

集まられた皆さんの表情は明るく感じました。
全曹事務局で準備された着物の生地を使った人形を配布させて頂きました。

警戒区域から避難されている方のお話では、
留守にしている自宅が荒れていく様子などもお話しくださり、
周辺でよく目についた除染作業とあわせて
原発の影響の深刻さを実感しいたたまれない気持ちになりました。

しかしながら、被災後しばらくして釣師地域の曹洞宗のお寺様が主導して
津波で流された共同墓地の石塔を宗教に関係無く回収し整理され、
以前よりもお寺との距離を近く感じるようになったとのお話しを聞き、
今後のボランティアや青年会活動に従事するうえでの励みを頂けた訪問になりました。

以下活動の様子になります。
---------------------
●仮設住宅の様子
a0088229_20172118.jpg
●活動の様子
a0088229_20173259.jpg
a0088229_20174095.jpg

--------------------------------------------------------------------
2013年3月11日、
会員2名で岩手県にて、
全曹青主催の慰霊法要に参加しました。

午前9時に赤浜海岸で、海に向かって読経しました。
その後、ホームのみ残るJR大槌駅前にて慰霊法要を行い、
午前11時、岩手県大槌町江岸寺様にて慰霊法要を行いました。
500名程が参列されました。

午後、慰霊行脚に参加しました。
大槌町役場前での法要後、安渡までおよそ30分、
その後さらに、赤浜まで、大悲心陀羅尼を唱え、
鈴を鳴らしながら行脚しました。
午後2時46分には、安渡にてサイレンと共に黙祷しました。
[PR]
by zazen-kyoto | 2013-04-21 19:56 | 東日本大震災支援活動

東日本大震災 行茶活動11/26~27

2012年11月26~27日、
会員2名で福島県相馬市大野台の第七仮設住宅にて、
全曹青主催の行茶活動に参加してきました。

以下活動の様子になります。
---------------------
●仮設住宅の様子
a0088229_19214377.jpg
●活動の様子
a0088229_1922385.jpg
a0088229_19221739.jpg

[PR]
by zazen-kyoto | 2013-02-08 12:25 | 東日本大震災支援活動

東日本大震災 行茶活動7/16~18

7月16~18日、会員3名で福島県相馬郡新地町の駒ヶ嶺仮設住宅、作田仮設住宅にて、
全曹青主催の行茶活動に参加してきました。

◎駒ヶ嶺仮設住宅
・まだまだ、災害の傷が残っている感じがしました。
・ここの仮設住宅は、一部、ペットを飼うことができるようです。
・ここでは、あらゆる被災地から集まって生活されています。
・訪問した際、笑顔で迎えて頂き感謝しています。

◎作田仮設住宅
・持参した風鈴に絵付けしたり文字を書いて渡すと喜んでいただけました。
・会話の内容は風鈴が主な話題で、皆さんの具体的な生活上の話などはあまりしませんでした。
・目の前で風鈴に絵付けしたり文字を入れて渡すと、
 あまり上手な仕上がりでなくとも、それがきっかけとなって場の雰囲気が和みました。
・やはり高齢の方が多かったですが、地元の者ではない私達が訪問させていただくことで、
 いい意味で普段の生活にはない空気をご提供出来ればと考えました。
[PR]
by zazen-kyoto | 2012-08-02 15:36 | 東日本大震災支援活動

東日本大震災 行茶活動 3/5~8

3月5~8日の3日間、会員3名(7日は2名)で福島県相馬郡新地町、仮設住宅にて、全曹青主催の行茶活動に参加してきました。

以下活動の様子になります。

前回同様、仮設住宅の一室を借りて行いました。
a0088229_8352654.jpg
a0088229_8362444.jpg
a0088229_8431719.jpg

外の様子
a0088229_837384.jpg

活動の一環として、紙芝居も行われました。
a0088229_8375088.jpg

[PR]
by zazen-kyoto | 2012-04-01 08:59 | 東日本大震災支援活動

東日本大震災 行茶活動並びに除染活動

昨年行ったボランティア活動について報告致します。

◎行茶活動
11月27~28日の2日間、会員2名で福島県伊達郡国見町藤田駅前仮設前にて、全曹青主催の行茶活動に参加してきました。

この行茶活動は
・被災者の心のケア。
・お茶を通してコミュニケーションの復活と地域コミュニケーションの確立。
を目的として行われてきました。

京曹青が参加するのは初めてでしたが、何十回と行われきたということもあり、避難者と我々の間に壁は無く、雰囲気は穏やかでした。
a0088229_1052623.jpg

行茶を行った場所は、仮設住宅の中にある談話室(約10畳)で行ないました。
a0088229_1063032.jpg

避難者の方のグループに加わる形で、会話の内容も一般的な世間話を終始していたという印象が強かったです。 
会話の中で笑顔をみることもできました。
a0088229_1055547.jpg



◎除染活動
12月14日~15日の2日間、会員3名で福島県伊達市霊山町にて、全曹青主催の除染活動に参加してきました。
14日に下小国地区 山下公民館周辺
15日に山戸田地区 成林寺境内・現地本部周辺
で行いました。

最初に周辺の放射能測定をし、高圧洗浄機を使用し建物の屋根、側溝を除染しました。
また、周辺の落ち葉の清掃や草の刈払い、スコップ等で表土を剥ぎ取り、土嚢袋に詰めました。
土嚢袋を仮置き場に運搬し、最後に放射能測定をして終了しました。

作業の様子
a0088229_18211142.jpg

[PR]
by zazen-kyoto | 2012-02-01 22:02 | 東日本大震災支援活動

東日本大震災支援活動 6/13~6/16

6月13日から6月16日までの4日間、京都ボランティアセンターの方と共に計8名で陸前高田市へ災害復興支援に行ってまいりました。

報道されていたように陸前高田市の被害は凄まじく、そこに町があったということを俄には信じられない有り様でした。
a0088229_1442798.jpg

現地ではガレキ撤去、高田松原の流木【松】を利用した自立支援活動、また被災者の御遺骨を保管されている普門寺様への参拝等、微力ながら力添えをさせていただきました。

ガレキ撤去作業
a0088229_10314890.jpg

高田松原の流木【松】を利用した自立支援活動
a0088229_10322414.jpg

普門寺様への参拝
a0088229_10324379.jpg


その中で沢山の経験をさせてもらいましたが、中でも被災者の方が私たちと同行した京都ボランティアセンターの方に語られた言葉が非常に印象的でした。
それは、
「被災後、しばらくの間、自分達は田畑のガレキを撤去する気にもならず、ただ時間を止めていたが、京都から来たボランティアがそのガレキを撤去し始めたのを見て、みんなが動き始めた。
あのボランティアが無ければ未だにガレキの中で時を止めていたかも知れないとのお礼の言葉と、それを聞いたボランティアの方が自分たちは沢山のガレキがある中でほんの少しの事しか出来ず無力感に苛まれて帰ったが自分たちのした事がほんの少しでも役に立ち今の礎になっている事が実感出来て本当に嬉しい」
との言葉でした。

私たちが復興支援に参加する中で、本当に少しの事しか出来ないのが現実ですが、その少しが何かのキッカケになり礎になる事があるという事を信じ自分たちに出来る活動を続けていこうという思いを新たにいたしました。
[PR]
by zazen-kyoto | 2011-07-09 09:13 | 東日本大震災支援活動

東日本大震災支援活動 (4)

4月12日に逢隈小学校へ夕食炊出しのボランティアにお伺いした際、
亘理町の被災した地域を少し巡回しました。

すでに各種報道の映像や写真を見てはいましたが、
実際に見た東北自動車道を挟んだ太平洋側の地域の津波被害は
余りに甚大で言葉がありませんでした。
また反対の内陸側も大きな被害は免れたようでしたが
それでも津波によって流されたと思われる物の散乱が目に付きました。

以下、現地の様子です。

---

広大な農地のいたるところに
津波によって流されたと思われる物が散乱しています。
a0088229_0123651.jpg


大きな家財もよく目に付きます。
a0088229_0124626.jpg


1か月が経ってもまだ海水が大量に残っていました。
a0088229_0125847.jpg


大きな漁船がそこかしこに見えました。
a0088229_013783.jpg


大変な瓦礫の量でしたがなんとか車道は開けられていました。
a0088229_0131681.jpg

---

宮城県は曹洞宗のお寺が多い県のひとつですが
この地域にも門柱や案内の看板から曹洞宗とわかるお寺がいくつかあり、
それらのお寺の中には境内にテントが建てられ
何らかの支援活動を行われているようでした。
[PR]
by zazen-kyoto | 2011-04-18 00:31 | 東日本大震災支援活動

東日本大震災支援活動 (3)

東日本大震災支援活動 (2)』からの続きです。

---

避難所夕食炊出し 2日目
(逢隈小学校 4月12日)


逢隈小学校に避難されている方々の人数は
消防15人とデイサービススタッフ12人を含む、
約280人とのことでした。

1日目の亘理高校における給仕の反省を踏まえ、
2日目の逢隈小学校では給仕をお手伝いくださる避難所の当番の方と
給仕の時間、給仕の方法についてより綿密に打合わせをしました。

献立は1日目と同じ八宝菜、コンソメスープ、野菜サラダでしたが、
逢隈小学校では他にも白飯とほうれん草の和え物が配給されました。

普段白飯はおにぎりの形で配給されているとのことでしたが、
避難所の運営スタッフの方が炊出しの献立をみて
避難されている方々が好みにあわせて中華丼にも出来るように
おにぎりにせず配給するようにご配慮くださいました。
また避難所では食事用のプレートと器が配られていました。

以下、逢隈小学校にて行った夕食炊出しの様子です。

---

2日目の夕食炊出しを行う逢隈小学校に到着。
早速調理場の準備に取り掛かります。
a0088229_2238283.jpg


避難所における調理に1日目よりも少し慣れて
皆少し余裕を持って作業に臨めました
また逢隈小学校では水道が断水していなかったことも
作業全般において大きな助けとなりました。
a0088229_22383518.jpg


逢隈小学校の校舎。
1日目の亘理高校でも同じでしたが
校庭など校内の土地に避難されている方々の乗用車が
多数駐車されていました。
a0088229_22382386.jpg


調理の途中、宮城に来られていた
全曹青会長と和歌山曹青と大阪曹青の皆さんも合流して
盛り付けをお手伝いいただきました。
a0088229_22384794.jpg


調理の最後に八宝菜を仕上げて
出来るだけ熱い状態で避難所になっている体育館へ運びます。
a0088229_22385875.jpg


避難所それぞれにおける
最適な給仕の仕方を準備する必要を感じました。
a0088229_2239856.jpg

---

今回亘理町ボランティアセンターの栄養士の方から聞いたお話では
避難所では食事の偏りやストレスなどによる便秘が悩みとなっているそうです。
食物繊維の摂れる野菜中心の献立は大変有難いとのことでした。
[PR]
by zazen-kyoto | 2011-04-17 19:17 | 東日本大震災支援活動

東日本大震災支援活動 (2)

4月11日から12日にかけて宮城県亘理郡亘理町の避難所へ
会員8名とOB2名の構成で夕食の炊出しボランティアにお伺いしました。

---

避難所夕食炊出し 1日目
(亘理高等学校 4月11日)


亘理高等学校(亘理高校)に避難されている方々の
人数は約580人とのことでした。

京都曹青は夕食の炊出しを担当し、
避難所の食事で不足しがちな野菜をなるべく補えるように
献立を八宝菜、コンソメスープ、野菜サラダにしました。

以下、出発から亘理高校にて行った夕食炊出しまでの様子です。

---

4月10日の夕方、トラックに支援物資と
炊出しに必要な調理器具や食材等を積み込み出発。

今回の炊出しボランティアと支援物資の直接搬入は
ご同行くださった京都曹青OB老師による
トラックの出動が無ければ実現できませんでした。

会員一同御礼申し上げます。
a0088229_17202653.jpg


4月11日の午前中、福島県に入り
途中『全国曹洞宗青年会』(全曹青)会長のお寺に寄り
打合せと準備をさせていただきました。
a0088229_1721575.jpg


全曹青の災害復興支援現地本部が設営されています。
a0088229_17211651.jpg


被災地の情報や支援物資が集積され
全国の曹青の支援活動の拠点になっています。
a0088229_17212948.jpg


お寺で調理器具の下準備をさせていただきました。
a0088229_17213940.jpg


現場で使う水もこちらで調達させていただきました。
a0088229_17215749.jpg


亘理高校に到着。
早速炊出しの準備にかかります。
a0088229_1722207.jpg


調理場は野外に設営されていました。
a0088229_17222975.jpg


大量の食材の下準備が必要でしたが、
避難所の女性の方々や
現地のボランティアスタッフの方々(緑のゼッケンをつけた方々)の協力もあり、
順調に調理が進み大変助かりました。
a0088229_17223878.jpg


亘理高校体育館の中の様子。
亘理高校の避難所では全体で約580人を収容し、
体育館にはそのうちの約440人、
校内の他の施設に約140人の方々が避難されているとのことでした。
a0088229_17231927.jpg


当日調理した八宝菜。
a0088229_17233444.jpg

---

これほどの大規模な災害に被災した地域にお伺いするのは
ほとんどの者が初めてであり、情報も決して多くはない中
被災地の状況に対して大きな不安がありました。
しかし被災地の皆様に温かく迎え入れていただき
皆様が復興へ前向きに活動されている姿に敬服しました。

当日は震災発生から1か月が経った日であり、
地震発生時刻に黙祷を捧げた後にも
夕方には大きな余震があり、
私達自身、地震の脅威を実感させられました。

実際に炊出しを行ってみた反省としては、
避難所における給仕に当たっては
予め食事の担当の方にその避難所ではどのような給仕が行われているかを
確認しておくことは勿論ですが、避難所から仕事へ通い、
避難所全体の夕食時間が終わった後に戻ってこられる方々も含めた
避難所の一人一人に確実に給仕出来るような
工夫や準備が必要だったと感じました。

また当日の亘理高校は断水しているとのことで
調理や器具の洗浄に使う250リットルの水を用意して行きましたが
現場で出来るのは粗洗い程度であり、
連日炊出しをする場合は仕上げ洗いをさせていただける
宿泊施設等を確保しておく必要がありました。

京都曹青は今回『仙台 秋保温泉 ホテルニュー水戸屋』様の
厨房洗い場をお借りしました。

ご協力くださったホテルニュー水戸屋様に御礼申し上げます。

東日本大震災支援活動 (3)』に続きます。
[PR]
by zazen-kyoto | 2011-04-17 18:03 | 東日本大震災支援活動

東日本大震災支援活動 (1)

京都曹青では東日本大震災の発生を受け、
支援活動を開始いたしました。

以下、現在までに行った支援活動です。

---

1) 支援托鉢ならびに支援募金の呼びかけ
  (3月16日, 17日)


   先ず、3月16日と17日に
   京都府内の三か所に分かれて
   支援托鉢ならびに支援募金を行いました。

   その際に皆様からお預けいただいた義援金は
   すでに曹洞宗義援金窓口へ
   一般各自治体等向け(一般救援義援金)として
   送らせていただきました。

   『曹洞宗公式サイト・曹洞禅ネット


2) 支援物資の収集・仕分けと現地への搬入
  (仕分け 3月28日, 搬入 4月11日)


   次に、3月28日に会員各自が収集した支援物資の仕分けを行いました。
   当初は早急に自治体の支援物資窓口を通じて送る予定でしたが、
   4月11日から12日にかけて宮城県亘理郡亘理町内の避難所へ
   夕食炊出しのボランティアにお伺いした際に
   亘理町災害対策本部と逢隈小学校へ直接搬入させていただきました。

   ---

   3月28日に行った支援物資の仕分けの様子です
a0088229_14311926.jpg

   ---

   4月11日に亘理町災害対策本部へ直接搬入にて、
   必要なものを受付けていただけました。
   しかし物資の配分に苦心されている様子で
   置き場所の確保が難しいようでした。
   なお今後毛布類は受付けないそうです。

   4月12日には逢隈小学校にて、
   亘理町災害対策本部では受付けが終了していた
   タオル等の物資が必要であるとのお話をいただき
   搬入させていただきました。


3) 亘理町内避難所にて夕食の炊出し
  (亘理高等学校 4月11日, 逢隈小学校 4月12日)


   そして去る4月11日から4月12日にかけて
   宮城県亘理郡亘理町内の亘理高等学校と逢隈小学校に設営された避難所へ
   夕食の炊出しボランティアにお伺いしました。
   この支援活動の内容については『東日本大震災支援活動 (2)』の記事をご覧ください。
[PR]
by zazen-kyoto | 2011-04-17 14:47 | 東日本大震災支援活動


坐禅会(座禅)のご案内 in 京都
カテゴリ
ライフログ
リンク
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧